品質への取り組み

OPEN品質

もっともっと開かれた食品づくりへ。

ニッポンハムグループは一丸となって開かれた食品づくりを実現する取り組み【OPEN品質】を推進しています。
安心してお召し上がりいただくために、お客様視点で商品・サービスを提供する=品質。
さらにお客様の立場から、お客様が知りたい情報を出来るだけ開示する=OPEN。
それが私たちの考える【OPEN品質】です。

ニッポンハムグループ品質方針

ニッポンハムグループは、すべての事業活動において「OPEN品質」~開かれた食づくり~を推進し、お客様の期待と信頼に応えます。

OPEN品質
1.法令の遵守
関連する法令はもとより、「ニッポンハムグループ品質保証規程」を遵守します。
2.品質保証ネットワーク
すべての事業で情報を共有し、連携して品質保証体制を確立します。
3.客観的評価
外部機関による客観的評価を得て、品質保証水準を継続的に改善します。
4.履歴管理
調達、生産、製造から販売までの履歴管理を行います。
5.お客様とのつながり
お客様との対話を大切にし、お客様の求める品質を追求します。

品質向上活動

安心・満足・感動の品質を追求。

もっと美味しい商品をお届けするために、自主的な品質向上やお客様の声を参考に、全員参加で品質向上活動に取り組んでいます。

SMILEシステム
(スマイルシステム)の活用
お客様とニッポンハムグループ各社との双方向コミュニケーションを支援し、さらにお客様から頂いたお問い合わせ情報を「お客様の声」として社内共有するためのシステムです。
FT-CCPの導入 「鮮度」や「美味しさ」を決定する重要管理項目であるF T-CCP(Fresh & Tasty critical control point)の導入により主要商品の品質グレード基準を明確にし、これを数値化することによって、製造工程内で「鮮度」や「美味しさ」の維持向上に努めています。
品質向上委員会の設置 「鮮度」「美味しさ」を軸に「高い品質」を確保する活動母体として設置。お客様視点で商品を評価し、その結果を工場でさらに深掘りして、より「高い品質」を目指しています。
品質向上活動

ISO9001 認証

ニッポンハムグループでは、品質の良い製品やサービスを提供し、「お客様」にご満足いただくために、品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」の認証取得を進めており、日本ハム食品株式会社の3プラントはすべて認証を取得しています。

認証取得日 審査機関 認証機関
関西プラント 2012年9月19日 SGSジャパン UKAS
桑名プラント 2013年9月2日 SGSジャパン UKAS
管理部門、
関東プラント
2014年9月7日 SGSジャパン UKAS