環境・地域貢献

ニッポンハムグループは環境に対する基本的な方針「ニッポンハムグループ環境方針」を定めました。
美しい地球を次世代に引き継ぐため、環境負荷低減に努め、持続可能な社会づくりに貢献します。

ニッポンハムグループ環境方針

ニッポンハムグループは、自然の恵みに感謝し、持続可能な社会の実現に向けて、環境と調和のとれた企業活動を推進します。

1.商品・サービスへの環境配慮
環境に配慮した商品の開発とサービスの提供に努めます。
2.環境パフォーマンスの向上
省エネ・省資源・環境負荷低減に努めます。
3.継続的改善
環境マネジメントシステムを適切に運用し、継続的改善に取り組みます。
4.法令の遵守
関連する法令を遵守するとともに、必要に応じて自主基準を定め、環境保全水準の向上に努めます。
5.社会との連携
地域社会とのコミュニケーションを図り、連携して環境活動を実施します。
ニッポンハムグループ環境方針

ISO14001 認証

ニッポンハムグループでは、環境保全活動の基盤づくりとして、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証取得を進めており、日本ハム食品株式会社の3プラントはすべて認証を取得しています。

認証取得日 審査機関 認証機関
桑名プラント 2005年4月28日 SGSジャパン JAB
関東プラント 2006年10月20日 SGSジャパン JAB
関西プラント 2006年1月10日 SGSジャパン JAB

容器包装への配慮

環境のやさしさを商品に。

生命の恵みは、地球という豊かな自然環境の中で育まれます。
環境を守り、私たちの子供たちに美しい地球を残すため、ニッポンハムグループはCO₂排出量の削減や廃棄物削減・リサイクルなどの地球環境問題に対する取り組みを進めています。

例えば、私たちが皆様へご提供する商品の「容器包装」では、ごみの最終処分場問題、資源の枯渇といった環境の視点と品質保持をどのように両立させるかという問題に挑戦しています。

商品の安全や鮮度を保つためには、適切なパッケージが必要不可欠ですが、お召し上がりいただいた後はごみになってしまう。
ニッポンハムグループは、このような現状を見据えて、容器包装はどうあるべきかを考え、取り組みを進めています。

容器包装への配慮 容器包装への配慮

社会的責任(CSR)

「みんなの森林(もり)」活動

地球温暖化の原因になるCO₂の吸収をはじめ、洪水や渇水を緩和したり、土砂が流出するのを防ぐなど、私たちは森林からたくさんの恩恵を受けています。ニッポンハムグループでは林野庁の「法人の森林」制度を利用し、「兵庫県の大成山」「茨城県の筑波山」「愛知県の瀬戸定光寺」の3ヶ所にある森林の一部を「みんなの森林」と名づけ、従業員を中心にさまざまなボランティア活動を行っています。植林をはじめ、枝打ちや下草刈り、遊歩道の整備、小鳥用巣箱の設置や観察などを行っています。

大成山

関西プラントから参加。
森林の保護・育成に力を注いでいます。
また、山桜や動物の食料になる栗・山桃・柿等の植樹も行っています。

大成山 大成山

筑波山

関東プラントから参加。
遊歩道の整備を中心に実施しています。
林道の清掃や小鳥用巣箱の観察など、幅広い活動を行っております。

筑波山 筑波山

瀬戸定光寺

桑名プラントから参加。
遊歩道の整備はもちろん県道沿いの清掃も行っています。「ウォークラリー」や「木工教室」といったイベントも開催しています。

瀬戸定光寺 瀬戸定光寺

地域社会とのコミュニケーション

日本ハム食品の従業員は、事業所周辺での自主的な清掃活動や、地域の皆様と連携したさまざまな活動を行っています。

自治体主催駅伝大会 産業フェスティバル 地域清掃活動 地域清掃活動
地域社会とのコミュニケーション 地域社会とのコミュニケーション
工業会大運動会 自治体主催運動会 納涼祭開催 納涼祭開催